環境面のCSR活動について

最近、ニュースや新聞などでCSR活動という言葉をよく見かけるようになりました。

【CSR】とはCorporate Social Responsibilityの略で「企業の社会的責任」のことです。
企業は、従業員や取引先・消費者・地域社会など企業活動に関係を持つあらゆる人々に対して、社会の一員としてふさわしい責任を果たしていくべきであるという考えです。

各企業のCSR活動を見ると、環境面では「二酸化炭素の排出量削減」や「省エネ対策」などについて多く取り上げています。
しかし、「廃棄物」に関しては企業評価や売上に直接反映されない事などの理由でほとんど取り上げられていない状況です。

そんな中、昨今 プラスチックごみの海洋問題や輸入規制問題などが大きく注目されています。
私たちは、今後「廃棄物」の3R(リデュース、リユース、リサイクル)の取組も企業価値を評価する重要な指標になるのではないかと考えており、お客様にそのノウハウをご提供することで企業価値の向上と地球に優しい持続可能な発展のサポートをさせていただいております!